新宿ストレスクリニックが選ばれる理由

会社での人間関係や仕事内容、仕事量の多さ、近所やママ友との付き合い、家族の間での悩みなど、ストレスの原因となるものは、身の周りに数多くあります。ちょっとしたことがきっかけでストレスを溜め、それが発散されないとうつ病を発症することもあります。ストレスやうつ病は放置しておくと、悪化し体調不良や日常生活をこなせなくなることもあります。うつ病になってしまったら、早期発見・早期治療が必要です。新宿ストレスクリニックはストレスやうつ病治療に特化したクリニック。適切な診断と治療をしてくれる安心できるクリニックです。

■うつ病治療の重要性
うつ病は女性なら5人に1人、男性で10人に1人が一度は陥ると言われている疾患であり、決して他人事の病気ではありません。特にストレスの多い職場や環境にある人は、ストレスをうまく発散していないと、不眠や頭痛、吐き気などの症状が出始め、食欲不振、体重の減少などが起こり、うつ病の症状を引き起こします。

精神的には気分がふさぎ、ちょっとしたことに落ち込むことも。自分は何をやってもできないダメな人間だと思い込み、自殺を考えるまでになります。家族にとってもどう対応していいか分からないため、余計に症状を悪化させてしまうこともあり、家族がストレスを抱えることもあります。早く改善するためにも、うつ病は早期発見・早期治療が必要です。

■適切な治療の必要性
うつ病かもしれない、と思っても、心療内科や神経科に行く勇気がなかったり、適切な病院がなかったりすることもあるでしょう。しかし、早めの治療をするためにも、病院に行くことが大事です。うつ病になってしまったら、自分一人で解決するのは難しいもの。なぜなら、うつ病は脳の病気と言われ、脳の機能が低下していることも原因なのです。

病院に行けば、カウンセリングや抗うつ薬などの投与をしながら経過をみていきます。しかし、抗うつ薬には副作用があり、あまりにもひどいと継続して治療を続けていけなくなることもあります。治療はリラックスした状態で行うことも必要であり、自分に合っていない医師や環境では、治療に行くことも面倒になってしまうでしょう。

■安心できる医療機関で治療
うつ病は適切な診断と治療が重要です。新宿ストレスクリニックはストレスとうつ病の治療に特化したクリニックです。副作用が心配される薬は使わず、磁気刺激治療(TMS)で治療をします。うつ病の診断も光トポグラフィー検査で、データに基づき正確な診断をすることもできます。

きめ細かい対応ができるよう、常勤医師は7名、非常勤医師は67名が在籍。できる限り、365日対応、夜20時まで診察してくれるのも安心です。新宿ストレスクリニックは全国に3院、新宿、名古屋、梅田にあり、磁気刺激治療(TMS)も各院に複数設置して、予約が取りやすい診療体制をつくっています。

医師のほか、臨床心理士や専門スタッフが在籍し、一人ひとりに適切な治療を提供してくれます。安心できる環境で治療ができるでしょう。