磁気治療刺激の新宿ストレスクリニック

健康に気を使うというのは、より幸せな人生を送るために必要不可欠なものです。そして、それは身体的な健康だけではなく、精神的な健康も大切なのです。そのため、自身の精神状態には気配りを怠らないようにしたいです。しかし、人の精神というのはアバウトな診断をされやすいです。最先端の技術を使ったストレス対策を知っておくことで、より健康に近づく可能性があります。では、その最先端の技術とはどのようなものがあるのでしょうか。また、それを使うクリニックにはどのようなものがあるのでしょうか。

■磁気刺激治療の特徴
脳の働きはストレスの負荷が大きく影響しています。ストレスがあまりにも大きいとその働きが低下し、うつ病や抑うつ状態の原因につながってしまうのです。うつ病は精神の病気であるため、周囲には理解をされにくいという側面があります。そのため、ストレスに対してどのように向き合っていくかというセルフケアが非常に重要なポイントとなってきます。

磁気刺激治療は新宿ストレスクリニックで採用されている新しい治療法であり、脳に磁気をあて、その働きを回復させるという特徴を持っています。脳に磁気を当てる際には、正確に治療部位を固定するためレーザーシステムを新宿ストレスクリニックでは採用しています。この治療法は国籍や性別、年齢などの解剖学的な誤差による影響はないと言われており、どのような人でも利用できます。

■磁気治療刺激の治療方法
磁気治療刺激を開始するにあたって、まず器具を頭部にセットして磁気をあてます。そうするとペンで頭をコンコンと叩くような感覚があるので、じっと待ちましょう。治療時間は初回の場合は1時間ですが通常はおよそ20分です。この時間は特にじっとしている必要は無いので、本やスマートフォンを見ながら治療を受けても大丈夫です。もちろんゆっくり休んでも構いません。

磁気治療刺激は新宿ストレスクリニックの場合、うつ病はおよそ30回程度で終了となります。治療期間は1ヶ月半から6ヶ月です。ストレスによる負担を軽くしたい場合には4回を1ヶ月程度というのが一般的です。しかし、治療のペースは患者によって異なりますので、医師と相談しながら決めるのが重要です。

■磁気治療刺激でストレス軽減
ストレスの影響を脳は受けてしまうので、その影響が大きすぎるとうつ病になるリスクが上がります。そのため、治療に対しての知識を持つことが重要です。磁気刺激治療を行なっている新宿ストレスクリニックは最先端の治療を採用しています。脳に磁気を当てて働きを回復させるため、多くの人に効果があるとされているのです。

頭部に器具を装着してしばらく待つだけでストレスに効果がある磁気治療刺激はどのような人にも効果があると言われています。うつ病の場合は最短で1ヶ月半ほどで効果が現れるので、しっかりとした治療を受けたいという人にはおすすめです。治療のペースは医師に相談しながら決めて行くことが重要です。