新宿ストレスクリニックとは?

ストレス社会と言われている現代、ストレスを感じていない人を探すのが難しいほどでしょう。自分ではストレスを感じていないつもりでも、原因不明の体調不良を起こしてしまうことあります。ストレスは放置しておくと、深刻な病気を引き起こしてしまうもの。適切なケアが必要です。そんな現代に、うつ病やストレス治療を専門としたクリニックがあります。

■新宿ストレスクリニックの概要
ストレスを感じているだけで病院に行く人はわずかでしょう。しかしストレスは放っておくとうつ病を発症することもあります。そうならないうちに、専門機関で診察を受け、適切な治療を受けることが大事です。

さまざまな病気において専門病院があるように、うつ病やストレスに対する専門的治療を行うのが、新宿ストレスクリニックです。医師、臨床心理士、専門スタッフが、ストレス・うつ病治療「磁気刺激治療(TMS)」を実践しているクリニックで、全国から多くの方が通っています。

■薬に頼らない磁気刺激治療(TMS)
新宿ストレスクリニックで行っているのが、磁気刺激治療(TMS)です。うつ病やストレスに対する治療として、薬物療法や精神療法・カウンセリングが主な治療法です。薬物によって、脳内の機能を改善する抗うつ薬などが使用されます。ただし、薬による治療は、時間がかかることや、眠気や胃腸障害などの副作用も考えられます。

磁気刺激治療(TMS)は薬を用いない治療法です。脳に磁気を当てることで脳の働きを回復させるもので、副作用もほとんどないと言われています。治療時間は20分程度で、薬物療法よりも治療期間が短いのもメリットです。

■うつ病を客観的に診断する光トポグラフィー検査
うつ病かどうか分からない、という問題もあります。従来は医師の問診のみで判断されてきたうつ病ですが、現在では検査における数値で診断することができるようになったのです。それが光トポグラフィー検査です。光トポグラフィー検査では、脳の血流料パターンによって客観的な診断ができます。数値によって診断するので、本人も納得できるでしょう。

うつ病やストレスは本人としては信じたくない、自分はそう思っていない、と感じている人も少なくありません。しかし、自分が自覚しないと正しい治療を行うことができません。そうこうしているうちに精神状態だけではなく、身体的にもさまざまな症状が出てきます。結果、会社に行けなくなる、家に引きこもる、最悪の場合自殺を考えるといった状態になってしまうこともあります。まずは自分の精神状態を把握し、それと向き合うことが大切です。早く改善するためにも早期発見が重要です。

新宿ストレスクリニックは光トポグラフィー検査があり、客観的に現在の状態を把握することができる機器があります。さらに薬物に頼らない治療をしてくれるクリニックです。うつ病やストレスに対する専門的な知識と技術を有する医療機関なので、安心して治療を受けることができ、成果も期待できるでしょう。

新宿ストレスクリニックの医師求人|医師転職・募集のe-doctor